Madenokoujiのブログ

老化防止を目的に、「”ニュース”+”私見”」或いは「暮らしの話題」を投稿します(「Google AdSense」を利用しています )

※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

今後の技術🖥️

「老後2,000万円問題(下記)」は、どなたもご存知の事だろう。

夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1300万円~2000万円になる。‥‥

toyokeizai.net

 

ところで、「2,000万円以上の貯蓄のある現在の60代は約3割」との現実がある(下記)。

financial-field.com

 

これを単純に比較すると、『60代の相当数の方の生活に大きな「問題」が発生する可能性』があるとの事にならないだろか❓

 

話題は全く異なるが、私はネットの活用で重要なツールは、「Google」「Amazon」「YouTube」とずっと考えてきた。しかし、近年新たなるツールを追加した。『生成AI「Copilot」(下記)』である。

k-tai.watch.impress.co.jp

 

例えば「近年の物価高騰はどの程度❓」を質問とする。「Google」では、例えば「内閣府(下記)」などが検索される。

▶️第2節 我が国の物価動向 - 内閣府

文章・図等が膨大な量で、何が書かれているのか把握するのに多くの時間を要する。

しかし、「Copilot」で調べると、以下のように概要情報が入手できる。

「近年の日本の物価高騰については、以下の情報が参考になるかと思います:

総務省消費者物価指数によると、2022年10月に前年同月と比べて3.6%上昇しました。この上昇幅は、1982年2月以来、約40年ぶりのものでした。

2024年2月の総合指数は、2020年を基準として106.9、前年同月比では2.8%の上昇が見られました。

また、内閣府の報告によると、企業物価は2022年9月には1980年12月以来、約42年9か月ぶりの上昇となる10.3%となった後、上昇幅を縮め、11月には9.3%となっているとのことです。

これらの情報から、近年の物価高騰は一定の上昇傾向にあることが確認できます。ただし、具体的な上昇率は時期や指標により異なりますので、最新の情報をご確認いただくことをお勧めします。」

 

Google」で得た「内閣府」の内容も、その概要をまとめた説明が得られる。勿論根拠となる内閣府のURL(上記)も示されている。

 

ここで、前記の『60代の相当数の方の生活に大きな「問題」が発生する可能性』に戻る。私は人類が問題に直面した場合、それを解決する一つの手段が「技術」との話題を耳にして事がある(例えば下記)。

scienceportal.jst.go.jp

 

その「技術」の一例が今話題となっている「AI」ではないだろか。

私は「AI時代こそ学力が必要📚✍️🤔(下記)」を投稿している。

madenokouji358.hatenablog.com

 

「AI」を核として様々なハード(下記など)を組み合わせると、明るい未来が開けるのではないだろか❓

www.yamato-hd.co.jp

 

私はこの4月に68歳の爺さんになった。しかし、前記の「老後2,000万円問題」や「2,000万円以上の貯蓄のある現在の60代は約3割」もあまり悲観的に捉えなくても、前向きに考え色々な情報等の入手などにより、何らかの解決案に繋がるのではないだろうか❓

勿論ボケないように、常に自分の頭を使う事も必要と考えるが🤔